社内で複数の人が使うExcelがネットワーク上に置かれています。

皆んな同時作業できる共有設定をされてないため、最初に誰かが編集画面に入って作業を開始すると、他の人が読取専用でしか使えない設定になっています。
逆に言えば、誰も使っていないときは、初めて開く人が編集画面に入れるはずです。

しかし、こんな場合でも全員どうしても読取専用になってしまうことがよくありました。
こうなると皆んな仕事が進まなく困るので、私を含む関係者達はお互いに入力中なのかと聞いたりするが、皆ノーと言うのでまさか幽霊が編集画面に入り作業中かと思ってしまいます。結局、システム係の人に頼ります。

今日も皆んな同じことに遭われましたが、システム係の人が外出中なので、私はネットで30分位探しまくってみたら、同じ悩みのある方の投稿をみつけました。早速ご紹介の処理方法通り試して即効解決しました。後ほどその投稿者にお礼を書き込みたくて、慌てて閉じた投稿を再度探したが見つかりませんでした。感謝の気持ちを込めて、ここにメモを残しておきます。いつか、同じことで悩んでいる方に役立つかもしれません。

手順は意外と簡単です▼
task maneger img
念の為に作業中の他のExcelを一旦保存し閉じます▼
タスクマネージャーを起動します▼
プロセス画面で、Excelの実行ファイルであるexcel.exeを見付けて終了させます

これだけでした!!!
こうするだけで、自分がいつか使って閉じたつもりですが、裏でこそこそ勝手に動いているExcelが完全に終了し、編集画面に入るこどかできました!



PC

先月Windows8搭載のToshibaノートPCを購入した。Windows8が今までのWindows系OSと結構変わり、慣れるまでにいろいろなことが起きて大変苦労しています。
昨夜から急にうちのWifiに接続できなくなってしまい、スマホでウェブサイトで調べながら自分で何とか原因を見つけて直そうとしたがまったく解決できずストレスばかりたまった。しょうがなくて購入した秋葉原の店へ持ってスピード修理を頼んだ。その場でOSの問題だから4時間ぐらいかかるよと言われたので、秋葉原駅近くでふらふらした。4時間後その店に行って、初期状態にしてくれたパソコンを受け取って帰宅。
こんなことが起きるたびに秋葉原へ行くのが時間的にも金銭的にも無駄だから、自分で日常的にPCの保守で何をすべてなのかを調べてみた。するとシステムの復元ポイントを作っておくべきことが分かった。さっそく今日時点の復元ポイントを作っておいた。念のために手順をメモしこちらに残しておき、万が一の時スマホでこちらを見ながら自力で直しましょう。

▼システムの復元ポイント作成

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」→(右下の)「作成」→「復元ポイントの作成」、入力欄に適当な名称を入力して「作成」を押す

▼故障時、システムの復元実施

「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「システムの保護」→「システムの復元」→「次へ(N)」→復元ポイントを選択して「次へ(N)」