12月1日付で今までの会社がURの子会社となり、夕べ決起集会パーティで盛り上がった。職場も仕事も変わりないが、4年間派遣会社から協会へ、協会からURへ、URから新会社へ、4回移籍された。うち3回は民主党仕分け作業による会社の対策…「上有政策,下有对策」、これはたまに日本ても通用しますね。国の戦略と会社の戦術がふつかり、バランスポイントを探り保つことで良いメカリズムが生まれてくるかな…

12月1日开始现在的公司成为UR的子公司,昨天晚上员工们在新公司启动集会上热闹了一番。
虽然工作场所和工作内容都没有变化,可是想一想,4年中我从派遣公司到协会,从协会到UR,从UR到新公司,人事关系竟然被转了4次。其中3次是公司针对民主党进行的预算项目甄别实施的对策…上有政策,下有对策,看来这话偶尔也适用于日本。在国家的战略和公司的战术产生冲突的时候,探寻并维系一个平衡点,能否催生出一个良好的机制呢…