遣唐使留学僧弘法大師空海の足跡を辿る四国遍路文化ミニ体験(予定)

だいぶ昔成田空港で知り合った日本人夫婦の友人がいまして、今でも時々会って一緒に食事をしたりします。
「家に遊びに来てね」という日本人からのご挨拶を本当のお誘いだとして、何時どこに訪れればよいのかと次のお話を首長く1、2年間待ってても来なくて困惑する滞日中国人が少なくないというお話が良く出てきます。彼らは、いつもそのようながっかりした中国人をご自宅に誘い招待したりしました。このような話をすると、私は思わずに噴き出します。確かに私も昔来日して数年間ぐらい日本人に「家に遊びに来てね」と言われると、必ず嬉しく、はい何時か、お宅はどこなのかと確認したりしました...
ほとんどのことについてきちんと約束をし固く守ることで知られる日本人がなぜ「家に遊びに来てね」となると、ご挨拶ぐらいのものになるだろうかと今でも不思議ですが、もうだいぶ昔慣れました。
面白いことに、中国人は逆です。「家に遊びに来てね」というと80%以上本気だと思います。 これ以外の約束になると、本気度が下がってしまいます(笑)
余談はさておき、四国遍路文化という本題に入りましょう。
昨年6月中旬、日本のグローバル企業コマツ元CEO安崎暁先生の山形米沢の講演会に日中民間交流誌「和華」創刊者孫秀蓮さんと安崎先生の本の中国語翻訳に懸命に頑張っている私が招かれました。
その際、いつか私の故郷徳島に招待しようというお話があり、ありがとうございますとお礼を言いながら「家に遊びに来てね」というぐらいのご挨拶だと思って暫くしてからすっかり忘れてしまいました。
意外なことに、去年安崎先生のこのお話はご挨拶ではなく、本気でした。先月末、7月13日に徳島地方銀行主催の講演会があり、二人はご都合いかがでしょうか、観光のために先に行って一泊しても良いよ...とメールをいただきました。
私たちは、安崎先生のこの本気度100%のお誘いをお受けし、早めにネットで格安の早割チケットやホテルを探して予約しておきました。安崎先生にとって数千円~一万円ぐらいの経費削減があまり意味ないかもしれないが、私たちは感謝の気持ちを表すにはこれしかできませんでした。
徳島と言えば、四国の東部に位置し、さまざまな自然観光スポットや温泉に加え、特に四国八十八カ所巡りのうち、徳島には二十三所を占め、お遍路さん巡礼の旅は、徳島県第一番札所から始めます。
今回いただいたこの有難い機会を活かし、講演会で安崎先生によるハイブリッド経営の講演を聴講するだけではなくて、第16次遣唐使留学僧弘法大師空海の足跡を1億分のいくつか?辿り、1200年の歴史を有する独特の四国遍路文化を少しでも体験してみたいと思います。
我有一对很久前在成田机场结识的日本夫妇朋友,至今有时还和他俩见面一起吃饭。
见面时我们经常会聊起有不少驻日的中国人往往把「到我家玩啊」这句日本人的寒喧话当成真的邀请,翘首盼望对方告知自己啥时去哪里,结果往往等个1、2年也没有下文,因此觉得很郁闷。他俩遇上这种失望的中国人往往会将其邀请到自己家里,款待一番,安慰安慰他们那受伤的小心灵。每次这个话题一出我就会发笑,确实在我来日本后的头几年也是一听日本人说「到我家玩啊」就会很高兴地追问:好,什么时候,您家在哪...
日本人因在很多事情上都惯于提前定约并坚守约定而闻名于世,然而为什么「到我家玩啊」这句话却成了个寒暄语呢?对这点我至今都觉得很不可思议,不过也早就习以为常,见怪不怪了。
有意思的是中国人正好相反,中国人若说「到我家玩啊」那么其可信度可说是超过80%的。
而要换了其他约定,其可信度却会下降(笑)
闲话少提,言归正传,今天要说的是四国遍路文化体验之旅。
去年6月中旬,日本全球化企业小松的前任总裁安崎暁先生邀请日中民間交流杂志「和华」创刊者孙秀莲和正在拼命把安崎先生的书翻译成中文的我出席了他在山形米沢的讲演会。
那时安崎先生说啥时请你们去我的故乡德岛,我们一边道谢一边把这句话当成了「到我家玩啊」之类的寒暄语,不久就将之抛于脑后了。
出乎意料,去年安崎先生说的这句话并不是寒暄,而是当真的。
上月末我们收到安崎先生邮件,说7月13日他有场由徳島地方銀行主办的讲演会,问我们二人是否方便去,并说我俩提前去观光住一晚也行。
我们欣然接受了安崎先生这个诚信度100%的邀请,立马上网搜索预约了打折机票和宾馆,替安崎先生节约了几千到一万日元的经费这对于安崎先生来说也许没有什么意义,不过对于我俩来说却是表达谢意的唯一方法了。
徳島位于四国东部,拥有丰富多彩的自然景观、温泉、特别是四国八十八所巡礼处,二十三处就在徳島,徳島県第一番札所即为巡礼之旅的起点。
获得这个难得机会的我俩,不仅将在讲演会上认真聆听安崎先生以混合型经营为主题的演讲,还希望去踏踏第16次遣唐使留学僧弘法大師空海留下的足迹之一亿分之几?、体验一下拥有1200年历史的独特的四国遍路文化。
tokushima

三国フェスの実施委員会から感謝レターが届きました

thanks letter先日、今年1月31日の三国フェスの実施委員会から感謝レターが届きました。 左上の署名者さくら剛様の著作「三国志男」は、去年8月に元コマツ社長安崎暁先生の新書発表会のために出席した上海書展で安崎暁先生の新書と並べてあったことが印象に残っています。かなり売れているそうです。

三国フェス実施委員会が今年初行ったReadyforプロジェクトへ私の細やかな気持ちより日中草の根交流を通じて日中文化を大いに輝かせた委員会のこのレターのほうが遥かに立派で貴重です。まことにありがとうございました。

去る4月23日に、日中首脳会談がやっと実現した。短い会談でしたが、良い出来事でしょう。これからも喧嘩を完全に避けられないが、喧嘩しながら相互理解を深め、徐々に好転していくことをお祈りします。

日本人の友人から上品な大紅袍をいただきました

中国旅行してきた日本人の友人から頂いた上品の大紅袍を飲むために、長年寝かせ続ける綺麗な茶具を掘り出して使ってみた。さすが、お茶のためか?茶具のためか?超美味しい!

tea

为了品尝旅游中国的日本朋友赠送的高级茶叶大红袍,我翻箱倒柜掘出了沉睡多年的漂亮茶具。不愧好茶?还是不愧好茶具?非常好喝!

京劇~十三妹~児女英雄伝

日本で初めて京劇を聞きました。十三妹~児女英雄伝でした。 京劇十三妹~児女英雄伝写真

中国研究家・作家・明治大学教授の加藤徹先生は、まともな講演だけではなく、京劇や小品や漫才っぽいご演技も素敵で、本当の役者に見えました。彼は今日米米CLUBのジェームス小野田様の妻役を演じました。お二人は最高のペアでした。

まじめな武侠劇ですが、中国語と日本語で一問一答で、小品や漫才のようなシーンも度々でてきて、何回も噴き出しました。行ってみて良かったです!もともとは越劇が好きですが、京劇も好きになりそうです!

 

 

 

2014年8月流水乱記~中国への旅

去る2014年8月15日に中国へ帰り、26日に日本に戻ってまいりました。12日間のことをすべて思い出せますが一つ一つ記録するのは大変なことなので、自分へポイントだけレポートします。めちゃくちゃでしょうから、「流水乱記」としましょう。(笑)

8月16日 コマツ元社長安崎暁先生新書発表会 at 上海書展に参加

企業家でもない私が参加することになった経緯はと言えば、今回発表された新書「聚变」は、安崎先生が友人との合著「日本型ハイブリッド経営」のアップグレード中国語版であり、私はこの本の中国語翻訳や安崎先生と上海側出版社間とのコミュニケーションの手伝いや日本側のブログサイト運営に携わってきました。この関係で新書発表会に誘われました。中国人ですが、実は上海書展へは初めてでして、書展での人の山人の海にびっくりしました。しかも入口の前で長蛇の列ができて、10元の入場券を15元で転売している“黄牛”の存在を知ってまたびっくりしました。ネットで偶に見る中国人が読書しないという書きこみとは何なんだろうと考えてしまった。一言で言えば、書展全体も安崎先生の新書発表会も大盛況でした。詳しくは下記写真及び“コマツ元社長安崎先生新書発表会 at 上海書展”をご覧ください。 book fair

8月17日 江西省景徳鎮へ

20140817traveling jingdezhen また中国人として恥ずかしいのですが、景徳鎮観光も初めてでして大変勉強になり楽しい旅でした。観光が終わりホテルへ帰る途中か夜の食卓か忘れたが、なぜかまた三国志が話題になり、現地でお世話になっている運転手さんへ近くに三国遺跡ないかを聞くと、なんと車で2時間ぐらい先の九江に煙水亭という、周瑜の点将台があるそうです。12種もの三国志を読んだ三国スーパーファンの安崎先生はすぐ行こうとおっしゃってましたので、計画外ですが、翌日朝一九江へ行くことになりました。

8月18日 朝一九江へ、午後景徳鎮に戻り、夜上海へ戻る

Traveling Jiujiang 朝一出発して運転手さんの言うとおり2時間ぐらいで九江に着きました。計画外のところで、計画外の人物~日中交流誌「和華」へ漢詩を2回寄稿して下さった晩影さんと集合し、煙水亭観光をご案内いただき、昼食をご馳走になり、お土産までたくさんいただきました。インターネットで3年ぐらい付き合ってきた方ですが、数十人のネット友と一緒に仲良く遊んできたので、今回は初対面でしたが、もう老朋友のような雰囲気です。彼の強みは風華雪月を詠う漢詩漢詞で、例えまともな散文や随筆を書いても締め括りはほとんど風華雪月の話しになってしまいます(笑)。彼は自分の写真をオーペンするまでに彼が女性だと思うネット友が多数いました。しかし風華雪月が強みだとはいえ、見た目は武将のような体格で実際にも友達の為に“两肋插刀”的な男性らしい性格です。そのためブログに3桁の女性ファンを持っています。三国が好きな安崎先生のお蔭で、大昔に遡り周瑜…のお蔭で晩影さんに会えて大変嬉しかったです。昼食後、また景徳鎮へ戻り、晩餐後上海へ戻った。

8月19日 大学同学との食事会後、姪と紙芝居を楽しむ

午前上海側出版社と打合せして昼頃一緒に西安の羊肉泡膜を食べました。さすがに20年前に西安で食べた羊肉泡膜に比べられないが、そこそこ美味しかったです。 午後、安崎先生は小松中国投資公司へ。 私は東方航空勤務中や西南航空等上海駐在中の大学同級生6名との食事会に誘われました。中に20年以上も会っていない同級生がいたので感無量ですが、元気で若々しい皆の顔を見れて大変嬉しかったです。 その後、弟の家へ、5歳の姪と紙芝居を楽しんだ。最初はあまり相手にしてくれなかったが、童心社から購入した舞台を使って「大きく大きく大きくなれ」をやり始めると、だんだん楽しくなってくれて声を出したり、写真を撮ったり、最後に自分が舞台を使って紙芝居をめぐったりしてみました。5歳の子供は紙芝居を楽しめる年だと思いますが、もしかしてもう少し小さい子だったら、もっと楽しんでくれるかもしれないと私は思いました。3歳頃が一番良いじゃないかというのは、私の勝手な推測です。子供がお爺ちゃんお婆ちゃんそして両親や親戚にとっても可愛がられる中国で、心身の成長に良い紙芝居は大いに宣伝したら一気に普及するじゃないかと思います。 Picture‐story show

8月20日 “動車”で実家帰省

朝一上海発の“動車”に乗って実家へ。“動車”というのは、日本の新幹線に似っているものですが、飛行機のスチュワーデスと変らないほど若い美人の乗務員らが元気に働いています。近年実家近くに駅ができたので、飛行機より若干高いが是非乗ってみたいと思い、初めて乗りました。途中で三国時代蜀呉が争った”荆州”駅もありました。寝台車チケットを買ったので、ベッドに横になって映画を見たり食べ飲んだり寝たりして時間が早く経って、夕方頃実家に着きました。 On train

8月21日~22日 実家の親友達と会ったり食べたり散歩したりしました。

下左側の写真は母親が毎日午後通っている麻雀屋です。故郷を長年離れた私は姉と一緒に、母親を迎いに行く際、この麻雀大軍陣営を見てまたびっくり仰天しました(笑)。真中のは麻雀屋近くの喫茶店です。右側は幼馴染達です。 hometown

8月23日 小学校から高校までの友人らと生れたところへ。右派だとされて下放された両親にとって辛い思い出ばかりのところですが、私達にとって笑い声で友情の種を撒いて、今頃たくさん実を収穫できるところです。

山に登るには体力だけでできたのですが、狭い岩道を下るには体力だけではとっても無理で勇気やそこそこ強い心臓が必要です(笑)。大卒旅行で怖いものなしで華山各峰に登ったのはもう嘘のようです。右下の絶壁を見るとぞっとします。両足を震えながら、恥ずかしながら今微信上で“宝玉”と”蓝流”を名乗る男性幼馴染から手を杖として貸してもらいました。翌日から3日間ぐらい両足の筋肉が耐えきれないほど痛かった。もう二度と行かないと思ったが、皆が微信で写真をシェアすると、行けなかった友人から羨ましい、悔しいという声があがってまた来年一緒に行こうという羽目に(笑)。 ちなみに、石に刻まれた赤い字は、下にある上段右写真の中、傘をさしている“沛东”の書法で、下の石に刻まれた白い説明文も彼の作品です。彼も私の幼馴染の一人で画家、書法家、詩人として蜀の民間一大秀才です。彼が”文弱書生”だと思って来たのですが、今回彼が平気で山登りや絶壁の道を下りながら風景や撮影を楽しみ岩に刻まれた古詩を詳しく鑑賞しながら解説してくれる英姿を見て、”文弱”と”書生”を勝手にくっつく私は強い反省を促されました。 Traveling Qiaotou

8月26日 浦東航空へ行く前に、二人の友人に会い、大変綺麗で美味しいアイスクリームをご馳走になりました。

この二人の友人も数年前からネットで知り合い付き合って来ました。時間があまりないのでゆっくり味わうことができず食べるのを急いでました。今日会社でこの写真を出して隣席の同僚に見せたりして自慢しました。Meeting with friends   12日間に、書展参加、景徳鎮観光、煙水亭周瑜の点将台観光、大学同級生との食事会、姪との紙芝居遊び、“動車”で帰省、共通のキーワードは“初めて”でした。これらの“初めて”に加え、“旧地重遊”により幼馴染達と友情を温め、美食を食べまくり… 縁と言うのは大変素晴らしいもので、千里万里離れても友達を繋げてくれる。そして大きくばらばらに思われる世界を一つにしてくれる。

雑誌「和華」創刊記念会開催、90名を超えた大盛況

meeting1
会場の様子
meeting2
孫秀蓮さんの創刊の歩みの紹介
meeting3
莫邦富先生(左前)及び加藤徹先生(右前)の特別記念講演, パネリスト達(後)
meeting4
参加者発言
meeting5
岩村様の”どじょう掬い”演出

雑誌「和華」は、3月8日に東京八重洲ホールで創刊記念会・交流会を開催し、講師やスタッフを含み90名を超えた大盛況でした。

創刊者・編集長孫秀蓮さんの創刊の歩みの紹介に、有名作家・ジャーナリストの莫邦富先生「今、語り合う中国と日本―言葉と文化の視点から」についての講演、有名中国文学研究者・明治大学教授の加藤徹先生の「古典文化から見る日中美意識の違い」についての講演、「日中理解増進の道」についてのパネルディスカッション、加藤徹先生の京劇演出、岩村様の“ドジョウ掬い”演出など、プログラムが盛り沢山でした。

 

雑誌「和華」創刊者孫秀蓮さんとの懇親会

今日昼12時から上野駅近くの“延吉香”で雑誌「和華」の創刊者孫秀蓮さんとの懇親会を開催した。参加者6名。今天中午12点开始,我们在上野站附近的“延吉香”举办了和杂志「和华」创刊者孙秀莲的联欢会。参加者6人。

 

1Mukaiさん、Wei Dingさん、わざわざ遠いところからいらっしゃいましてありがとうございました。Mukaiさんのご参加で日中交流のお話で盛り上がり、アイディアをたくさんシェアできました。
谢谢Mukai桑和Wei Ding桑专程从远方赶来参加联欢会。有了Mukai桑的参加,我们得以热烈讨论了许多日中交流的话题,分享了许多想法。

孫さんから「和華」「新年特別号」の寄稿募集や今後の運営等についてのお話を伺いました。パワーフルな彼女を見て、20年前の自分が何をしていたのかを考えてしまいます。平凡過ぎる日々を送ったでしょうから意義あることはあまり浮かんでこない。20年後の孫さんは、きっと素敵な思い出をいっぱい思い出せるでしょう。
孙桑就「和华」「新年特別号」的稿件募集以及今后的运营等事项对大家作了介绍。看着充满活力的孙桑,我不由回想20年前的自己在做什么。大概是天天虚度了光阴吧,没能想起什么有意义的事情来。我想20年后的孙桑应该会拥有许多美好的回忆。

 

「和華」の編集を手伝っている陳さんからいろいろな世界有名企業のロゴの歴史のお話も面白かった。小さなロゴにもストーリーがたくさんあるなんて、初耳でした。
帮助「和华」编辑工作的陈桑对世界各家有名企业标识历史研究的介绍听来也非常有趣。我今天初次知道,这些小小的企业标识竟记录着这么多的故事。

王さん家の可愛いBabyちゃんのデビューは、懇親会の一大出来ごとでした。でも写真を忘れたね、悔しい!
王桑家小宝贝的登场,更是联欢会的一大要事。可惜竟然忘记拍照了,现在有点追悔莫及。

 

小さな草の根外交飲み会-小型草根外交酒会

drinking party11月15日19時半から、前の会社を退職した5人の飲み会でした。
40歳から60歳までですが、話が盛り上がり、年の差が感じなかったです。うち2人とは何年ぶりかな、覚えていません。
11月15日19点半,我们从以前的公司辞职的5人举行了聚会。
5个人从40岁到60岁,虽说年岁跨度较大,大家久别重逢欢声笑语不断,因此谁都没有年龄差距之感。其中2人我记不得有多少年没有见面了。

また、5人の中に、1人はオーストラリア滞在歴、もう1人はイギリス滞在歴あり、私は日本滞在中で、もう2人はグローバル化しつつあるIT業の最前線を走っています。話題も共通の思い出話に加え、雑誌「和華」を含み国境を超えたものでした。というわけで、小規模グローバル飲み会と言っても良いかな。楽しかったです!
在5人当中,1人曾在澳大利亚生活,1人曾在英国生活过,而我正在日本生活,另外2人都在全球化的IT业最前线 领跑。所以除了共同的回忆,话题自然也超越了国界,包括杂志「和华」。因此也可以说这是一场小型全球化聚会吧。非常开心!

11.3火鍋を楽しむ会_於_小肥羊品川店~11.3火锅聚会_小肥羊品川店

11月3日18時半から、小肥羊品川店での火鍋を楽しむ会に参加しました

主催者の在日有名ジャーナリスト莫邦富先生を始め40数名日中Facebook友人が集まり、店が私達の火鍋会の貸切状態でした。 莫邦富先生のお話によると、企画時はせいぜい20名ぐらい集まるじゃないかと思ったらしいが、Facebook上参加者募集を出して2日ぐらいで40名の申込者が殺到し、店に相談したら他の先約者達に他の店に移していただけました。さすが莫先生!莫という方は皆偉いかな…

当日ご参加された村上様も同じ日の思い出をブログに掲載されました⇒ 莫邦富先生と涮羊肉食事会@小肥羊品川店

話を短くに。早速、写真をアップしましょう。(写真の以下中国語訳文の下に)

—For Chinese Readers Below—中文阅读—

11月3日,我参加了18時半开始的小肥羊品川店的火锅聚会。

聚会参加者以主办者 在日有名媒体人莫邦富先生为首,共有40多名Facebook中日友人,小肥羊品川店成了我们这个聚会的包场。 据莫邦富先生说,当初策划这个聚会时想象最多也就能召集到20名左右参加者而已,没有想到在Facebook上发出通知才2天40名的报名者就蜂拥而至,因此不得不与小肥羊店商量,小肥羊店努力把其他预约者转到其他店。到底是莫先生啊!是不是莫姓的人物都很了不起呢?

当天参加聚会的村上先生也在博客上记载了我们共同的美好回忆。 ⇒ 莫邦富先生と涮羊肉食事会@小肥羊品川店
长话短说。赶紧上传照片。

Photo of Mr.Mo
受付の前でスピーチしている莫先生
在受理柜台前演讲的莫先生
Hot pot
小肥羊鸳鸯火锅
Photo of Party
飲み会の様子
聚会场的样子
Photo of party
私達の食卓
我所在的桌子
Photo of Party3
自己紹介、風が治ったが喉の後遺症で声が出なく、二言で終わりにした。
自我介绍,受感冒初愈的喉咙后遗症影响,声音出不来,只好短短两句就结束了
photo of mr mobangfu2
莫先生から、皆さんを代表して副幹事のTouさんへ1日遅れの誕生日お祝い、あああ、これで飲み会に、輝かしい星が二つに!それに、Touさんは私がFacebookで出会った老郷で、昨日初めてお会いし現実の友達になりました。あああ楽しかった。
莫先生代表大家送给副干事Tou桑迟到1天的生日祝福,聚会耀眼的星星成了2颗! 另外,Tou桑是我在Facebook上结识的老乡,昨天初次见面成了现实中的朋友!

---Return to 日本語版---

中国人留学生が作った雑誌「和華」 | 中国留学生制作的杂志「和华」

一昨日夕方頃、待ちがねの雑誌「和華」が届きました。book写真の表紙に書かれたように、留学生と社会人の提携・協力による日中の草の根の外交を目指す雑誌で、元外交官、教授、作家、芸術家、経済人、主婦、学生達の投稿が満載です。

前天傍晚,我期盼的杂志「和华」终于到了。正如封面照片所示,这是份在留学生和社会人提携下以促进草根外交为目的的杂志,创刊号里满载了原外交官,教授,作家,艺术家,经济人士,主妇以及学生们的投稿。

 

京都の留学生孫秀蓮さんが自分のアルバイト収入で創刊しました。凄いでしょう。大胆に考え思い切って実行に移すパワフルで若い彼女に敬意を払います。創刊号400部のうち、発売して6日間目なんと170部以上売れたそうです。
这份杂志由京都留学生孙秀蓮用自己的打工收入创办。很了不起。向敢想又果断付诸于行动的充满活力年轻的她致敬。据说创刊号400本,在6天之内已经卖出了170多本。

昨日は吉田先生、佐々木先生、千葉様達の文章を読み大変勉強になりました。千葉様の文章が漢字からスタートしちょっと長いなと最初思ったのですが、読めば読むほど面白くなり、ラーメン税で日本人が初めて自らの意思で暴動を起こす可能性もあるとまで読むと、笑いだした。芸術家ならではのユーモアがたっぷり伝わってきて理解力がアップし千葉様が言いたいことがすべて分りました。日中交流は両国政府其々の理屈よりも両国個々人の感性が通じ合い主役を演じることがあります。まさに草の根の外交です。
昨天我拜读了吉田先生,佐佐木先生以及千叶先生的文章,受益非浅。千叶先生的文章从汉字开始,最初觉得似乎长了点,不过越读越有趣,读到如果搞出了拉面税日本人很有可能自发暴动的地方不由笑了起来。我感觉到那份艺术家独特的幽默,理解力上升了,完全理解了千叶先生想表达的事情。比起两国政府各自的大道理,感性相通的两国一个一个的个人,更能扮演日中交流的主角。

また、京都大学生兼経済人元木様の中国出張記を読んで祖国の人文や最新ビジネス事情を日本人から知り面白かった。他の方々の大作も引き続き拝読させていただきます。
另外,京都大学生兼经济人士元木桑的中国出差记读来也很有意思,让我从日本人那里了解到祖国人文以及最新经济状况。接下来继续拜读其他作者的大作。