知能犯から身を守るスキルアップの為に、人間も学習必要

昨日(7月5日)夜仕事からの帰宅途中、前職のある同僚にFacebookメッセンジャー上で声を掛けられた。私もお久しぶり…とご挨拶すると、なんと近くのコンビニで3万円相当のBitCashカードを2枚買ってきてほしいと頼まれた。まじかよ、この方と仕事以外、プライベート付き合いがAA制の飲み会程度だったので明らかに怪しいと思って断った。が、私達の友情はこんなものなのねとまで責められた。前職の方のFacebookアカウントがきっと乗っとられたと判断したので、Facebookのオールに注意喚起の投稿をした。FB messenger
その後、ようやく自分のアカウントが乗っとられたことに気付いた本人からご連絡を頂いた: *さん、私のfacebookが乗っ取られたみたいです。おかしな詐欺に気をつけてください。詳しい事がわかったら、また連絡します。ああ良かった!
知能犯がサイトに出回っていると分かっているが、私にとって直接遭遇するのは滅多になかった。あまりプライベート付き合いなかった方の名義を悪用されてすぐに判明したが、親しい友人の名義だと引っかかる可能性もあるかもしれない。また、私自身のアカウントが乗っとられ、こう使われたら…と思うと怖くなったので、このブログにも投稿しておきます。
ますます進化するAIの恩恵を受けるとともに、悪用されるAIから身を守るスキルアップの為に、人間も学習を怠っていけません。



コメントを残す