夏休みは帰省して一休み~中国崩壊論実感なし

8月7日から夏休みに入り、姪に会うため上海経由で重慶の実家へ帰り、19日に日本に戻ってきました。
party
10日ぐらい実家滞在中に、母親の世話をしたり、懐かしい小学、中学、高校時代の友人達と遊んだり食べたりしました。ほぼ毎日”土豪”になった友人達に招待されて、私に”買単”するチャンスを与えてくれなかった。一年ぶり中国語を喋りまくって楽しかったです。
35度前後暑い実家から車で1時間ぐらいのところに納涼勝地があり、10度前後で大変過ごしやすいです。こちらには、近年開発が進み、夏休養専用の家を買った友人が多数います。
lake
        中国では、物価が上昇し続き日本とあまり大差がなくなってきていますが、公務員を含むサラリーマンの給料もかなりアップされています。体制や制度的な問題は沢山ありますが、まちなかを回ってみると、会社や個人業者の商売が大変賑やかで活発し中国崩壊論をあまり実感できなかった。
なお、共産党は反腐に力を入れているようで、数人の高級幹部友人によると、近年パスポートを没収されて申告して許可を貰えなければ出国観光ができない状況です。
根本的な腐敗防止策は早いプロセスでできるシステムや法制を整えるべきなので、パスポート没収の効果が疑われます。しかし何もやらないよりはましです…



コメントを残す